図解『熱海の奇跡』
5ba34a5150bbc345880000c7 5ba34a5150bbc345880000c7

図解『熱海の奇跡』

¥0

※こちらはダウンロード商品です

atami.pdf

335KB

熱海の奇跡 → https://amzn.to/2QAlNxD 要点1:人口の減少、高齢化率の上昇、空き家率や生活保護率の高さ、出生率の低さ、未婚率の高さ、未婚率、40代の死亡率の高さなど、熱海は熱海は50年後の日本の姿。日本がこれから直面する問題を先取りしながら衰退した。 要点2: 熱海再生の一歩としてまず重要視されたのは、地元の人が熱海の魅力を知ることと、熱海に対するネガティブなイメージを払拭することだった。熱海再生の最初の課題;地元の人に地元を知ってもらうために始めたのが、「あたみナビ」という取り組み。「あたみナビ」の取材をきっかけにして始まったプロジェクトが、「チーム里庭」。次に展開したのが、地元の人に地元を楽しんでもらうツアー、「オンたま」である。これは「熱海温泉玉手箱」の略。 要点3; ゲストハウスを経営し、宿泊者が自然と熱海の街に出て行く仕組みをつくった。それによって宿泊者と住人との交流が生まれ、ファン化を促進することができた。人が街のディスプレイになる。 熱海銀座の活気を取り戻す計画を立てた。空き店舗をリノベーションして「CAFE RoCA」というカフェをオープンさせたのだ。コンセプトは、「家でも職場でもない第3の居場所をつくる」 これからの熱海をつくる:熱海の2030年を作る起業家を生み出す取り組みとして、「創業支援プログラム99℃」を行っている。プロジェクトの目標は、2030年までに熱海に新しい企業を100社以上誕生させ、売り上げのトータルが数百億円を超える産業を作ることである。 ※NISHI日刊メルマガは毎日18:30にお届けです。 → http://grass-ex.jp/fx/tube1 登録はこちらから