図解『東大読書「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく』
5b8fd4c1ef843f527700032d 5b8fd4c1ef843f527700032d

図解『東大読書「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく』

¥0

※こちらはダウンロード商品です

todaidokusyo.pdf

1.92MB

東大読書 → https://amzn.to/2P5Phlz この本は、読書術の枠を飛び越えた、本質的な「究極の知的生産術」です。 読み込む力や地頭力は一朝一夕には身につきません。 5つのステップを踏むことで、読解力も地頭力もみるみる向上し、情報を「使える知識」に変えられるという。 自ら問いを立てて学ぶ姿勢、情報を批判的に読み解くマインドが、自然と身についていく ●本書の要点 ○要点1: 東大読書のステップは次の通りだ。ステップ1:本を読む前に「装丁読み」と「仮説作り」を行う。 → 「装丁読み」というのは、本のカバーや帯からその内容のヒントを読み取る。タイトル、帯のそれぞれから引き出した情報を付箋に1枚ずつ書いてみる。そして著者のプロフィールから著者のバックグラウンドを確認し、得られる情報を付箋に書き出していく。こうして集めた付箋は、本の「見返し」に貼っておき、頻繁に見直す → 「目標(なぜその本を読むのか)」「目標までの道筋(その本でどうやって目標を達成するのか)」「スタート地点(本を読む前の自分がいる現在地)」の順に、仮説を設定していく。そして、これら3つをまとめた付箋を見直してみる。すると、「今自分はこの目標のために、ここを読み進めている」と意識できる。 ○要点2: ステップ2:記者になったつもりで著者に質問し、疑問を追求する「取材読み」で、論理の流れをクリアにする。 → 東大生は「読者」ではなく「記者」になる ○要点3: ステップ3:ポイントを要約し、次の展開を推測しながら読む「整理読み」で、一言で説明する力をつける。 → 一言でシンプルに表現できるようになる「要約読み」 ○要点4: ステップ4:複数の本を同時に読み、「検証読み」を実践することで、多面的な見方を身につける。 → 2冊同時に読むほうが効果的 → 共通点と相違点を探す「パラレル読み」 → 議論の分かれ目を探す「クロス読み」 ○要点5: ステップ5:アウトプット重視の「議論読み」で本の内容をしっかり記憶に定着させる。 → 本との相互的な会話がカギ。著者と対話するように読んで行く。 ※NISHI日刊メルマガは毎日18:30にお届けです。 → http://grass-ex.jp/fx/tube1 登録はこちらから